メニュー

透析室

久留米南病院 透析室

ご挨拶
平成29年11月より当院の透析室が稼働いたしました。

現在ベッド数は10床にて稼働しております。
当院の療養病棟に入院されている透析患者様の安心と安全を第一に考え、明るく清潔な環境にて、快適且つ質の高い透析を提供できるようスタッフ一同尽力いたします。


医療法人禅思会 久留米南病院
理事長兼院長 吉住修
設備について
透析室について
全ベッドが電動式のベッドとなっております。
また、プライバシーや、環境の面も考慮し、ベッド間隔も1.2m設けてあります。
尚、全ベッド液晶テレビ付きとなっております。
透析用監視装置
透析室について
当院では、透析用監視装置9台、個人用透析監視装置1台を設置しております。

上記機器にて可能な血液透析治療内容
・HD(血液透析)
・on-line HDF(血液透析濾過)
・i-HDF(間歇補充型血液透析濾過) 

HDF治療の主な効果について
・関節痛の軽減
・皮膚のかゆみの軽減
・食欲の増進
・下肢のムズムズの軽減 など
透析のスケジュール
月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜 日曜
午前9:00~ × × × ×
お食事について
透析の治療効果を上げるために1人1人に合った食事を提供し、入院中の患者様を栄養の面からもサポートを行っていきます。
透析室スタッフの紹介(2017年11月現在)
透析室スタッフ
医師
1名
臨床工学技士
1名
看護師
1名
ページトップへ